山形県神社庁

令和元年度 長井西置賜支部総会

2019年6月16日

山形県神社庁長井西置賜支部総会が、6月7日飯豊・月山の山並みに囲まれ、田植えも終わり緑豊かな小国町の「松風館」に於いて、白鷹地区・長井地区・飯豊地区・小国地区の4地区から180名が参集し、林保彦副庁長、情野富右衛門総代会理事、青木彰栄県議、五十嵐智洋県議、大乗寺真二米沢支部長、武田忠徳南陽東置賜支部長の7名のご来賓を迎え開催されました。

神宮遥拝・国歌斉唱・敬神生活の綱領唱和に続き、新野支部長の挨拶、鈴木新吉総代会長の挨拶の後に神社功労者表彰があり、今年は定例永年功労者3名、金品奉納功労者15名の方々が受賞されました。

林保彦副庁長を始めご来賓の方々から祝辞を戴き、小国町大宮子易両神社総代 遠藤春男議長の進行で令和元年の議事が採決されました。

午後4時半予定通りに次第が終了し、10分の休憩後 武田忠徳南陽東置賜支部長の乾杯の発声により懇親会の直会が始まり、皆和気合い合い懇親を深め 鈴木久志支部理事の万歳三唱を奉唱し3時間に亘る令和元年支部総会が盛会裏に終了しました。