山形県神社庁

神明 春日神社春祭り

2012年5月12日

鶴岡には神明町という町があります。
字のごとく、神社がたくさんあるのです。

 

5月8日、春日神社の春祭りが斎行されました。

神事の前に氏子区域を神様がくねります。

春日神社のシンボルである鹿を子どもたちが引きます。

【鹿オス】

【鹿メス】

この地域の子どもたちはこのお祭のために、午後から学校を公欠になります。
今年も50名近くの子どもたちが集まり、鹿と御神輿を引いてくれました。

その間に獅子舞・謡方・神職が入り、くねっていきます。

神職が持っているのは、「おほこ様」といって神様の依代です。
大きな掛け声を掛け、神社に納めます。

 

このお祭は神職だけではできません。
地域の方によって受け継がれて、現在まで続いています。
そんな地域のお祭を大切にしていかなければならないですね。

庄内通信員 W・I