山形県神社庁

秋(8月〜10月)

8月 葉月(はづき)

  • 7日頃 立秋(りっしゅう:秋の気が立ち始める)
  • 13日〜16日 盂蘭盆(うらぼんえ:月遅れ)
  • 23日頃 処暑(しょしょ:暑さがようやく減退する)

 

盂蘭盆 (みたままつり)

祖先の霊をお迎えし、またお送りするまでの行事。

旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、現在では月遅れの8月に行う地方もあります。

13日、精霊が帰る家を間違えないように迎え火をします。

また藁、キュウリ、ナスなどで馬や牛を作り精霊の乗り物とするところもあります。

子孫とともに過ごした精霊は送り火によって16日に帰ってゆきます。

盆踊り・豊年踊りは霊を慰め豊作を祈るものです。

9月 長月(ながつき)

  • 8日頃 白露(はくろ:霜が降り始める)
  • 9日  重陽の節句(菊まつり)
  • 旧8月15日 十五夜(豆名月)
  • 第3月曜日 敬老の日
  • 23日頃 秋分の日(秋の最中、昼と夜が等分となる)
  • 秋分の日の前後3日間 秋彼岸(墓参りをして精霊を慰める祭りの日)

 

重陽の節句(菊まつり)

易における陽数の極、9が重なることで大変めでたい日とされ、

邪気を払い長寿を願って菊の花を飾った。

 

十五夜 (豆名月)

お月様にススキ、団子、枝豆等をお供えし、自然の恵みに感謝し、

家族の健康をお祈りする日。

 

秋彼岸

秋分の日とその前後3日間を彼岸といいます。春分の日と同じく先祖の霊を祭る行事です。

秋分の日は彼岸の中日で、もとの秋季皇霊祭の日です。

この期間は、亡くなった人々や祖先をしのび、供養するために墓参りをする習わしです。

10月 神無月(かんなづき)

  • 8日頃 寒露(かんろ:露も次第に寒冷となる)
  • 第2月曜日 体育の日
  • 旧9月13日 十三夜(芋名月)
  • 24日頃 霜降(そうこう:霜の降り始める頃)

 

十三夜 (芋名月)

旧暦の9月13日は「のちの月」と称し、十五夜に次いで月が美しいとされ、

お月様を祭り、秋の収穫を感謝する十三夜の行事が行われた。