山形県神社庁

神社のお参り

手水の作法

神社にお参りする時は手水(てみず)を使い、手、口を清めてからお参りしましょう。

 

 

手水の仕方

 

柄杓を右手で持ち、左手を濯ぎます。

sahou001

 

次に、柄杓を左手に持ち替え、右手を濯ぎます。

sahou002

再び柄杓を持ち替え左手掌に水をため、口を濯ぎます。そしてもう一度左手を濯ぎます。

sahou003

 

最後に柄杓を両手で持ち、垂直に立て、残りの水で柄杓の持ち手を濯ぎます。

 

人は誰しも普段の生活の中で、知らず知らずのうちに様々な穢れ(けがれ)が身についてしまいます。

神様と相対するとき、心身についた穢れを祓ってお参りしましょう。

 

拝礼の作法

神前に進んだら姿勢を正し、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

 

 

まず二回、深く頭を下げます。(その深さは腰を約90度に曲げる程度が美しいといわれています)

sahou007

 

 

 

二拝したあと、胸の前で両手を合わせ、右手を少し下にずらし二回手を打ちます。

二拍手のあと、両手の指先を揃え、祈りをこめます。

sahou008

 

 

最後にもう一度深く頭を下げます。

sahou009

 

(神社によっては特別な参拝作法を行っているところもあります。)

 

 

 

 

玉串の捧げ方

神社で正式参拝やご祈祷をお願いしたとき、玉串(たまぐし)を捧げて拝礼を行います。

玉串とは、榊(さかき)などの小枝に、紙垂(しで)と呼ばれる和紙を付けたものです。

榊などの常緑樹は、青々とした生命力を表し、紙垂は清浄なもの、神様への捧げものを表すといわれております。

 

神職から手渡された玉串の根元を右手で上から持ち、中央あたりを左手で下から支え、胸の高さに持ちます。

sahou004

 

御神前に置かれた案(あん、祭事に用いる机)の前に進み、一礼します。

玉串を垂直に立て、左手を下げて右手に揃え、玉串に祈念を込めます。

 

sahou005

 

右手で玉串の中央あたりを下から支え、根元を時計回りに90度回し御神前に向け、案の上に静かにお供えします。

sahou006

 

その後、二拝二拍手一拝の作法で拝礼します。

 

玉串は「神に敬意を表し、且つ神威を受けるために祈念をこめて捧げるもの」です。

心をこめて、拝礼しましょう。