山形県神社庁

祭式研修会(山形県神道青年会)

2017年3月17日

平成29年2月17日、冬の冷たい雨の降る中、山形県神社庁2階大広間にて、山形県神道青年会主催の1「祭式研修会」が山形県神社庁祭式講師である辻先生をお招きし行いました。

林会長以下15名の参加者の下2「大祭式」を取り上げ、特に最近改訂になった作法等や、物品に対しての3の有無など、普段見逃してしまいがちな事をご教授下さいました。

 

DCF00154.JPG

 

 

2

DCF00168.JPG

「大床おおゆか(神社で一番尊い場所)の作法」

 

3

「玉串作法の確認」

 

4

「ヒサカキの説明をして下さいました」

 

 

5

「神饌(お供え物)を設営するときの注意点をお教えくださいました」

 

 

 

DCF00154.JPG

「研修は午後1時半~午後5時まで行い充実した研修会となりました」

 

 

 

※1「祭式研修会」…神主が御神前でお祓いやお祭りを行う上での作法

※2「大祭式」…神社には大祭・中祭・小祭とあり1年で大々的なお祭りを大祭と位置付ける神社が多い。その中で大祭とは神主が御神前で行う作法

※3「揖(ゆう)」…御神前で行う礼・おじぎのこと

山形県神道青年会広報部