山形県神社庁

山形県神道青年会「山形刑務所大祓」

2015年8月11日

初夏の蒸し暑さが感じられる7月8日、県内の若手神職で組織する山形県神道青年会は山形刑務所を訪れ「大祓式(おおはらえしき)」を執り行いました。

この事業は教誨活動の一環として神社本庁教誨師の依頼で平成3年から毎年続いており、今年で26回を迎えました。

祈願祝詞奏上

 

大祓式とは…

【時期】

6月と12月に行われる「祓え」の神事です。

6月の大祓を「夏越しの大祓」。

12月の大祓を「年越の大祓」といいます。

 

【意味】

日常生活で知らず知らずに付いた罪や穢を「大祓」で祓うことにより、心身共に清々しく生まれ変わるという考えから行われました。

【歴史】

「古事記」や「大宝律令」にも出ており、当時は国家の重要事業でした。

夏越の大祓は、今でも神社で行われており「茅の輪」をくぐり半年の無事を祈願します。

2013-07-15-11.28.48

夏越の大祓式で行う「茅の輪くぐり」

 

 

祭壇には神饌(お供え物)を供え、祭員(神事を行う神職)・伶人(神事の雅楽をする人)・舞人(雅楽に合わせて舞を舞う人)合わせて11名の参加でした。

それぞれ斎服や浄衣(白い狩衣の様な服)に身を包み、午後1時から雅楽が奏でられ厳かな雰囲気で始まりました。

 

舞の奉奏

今年の参列者は約100名で、その代表2名が玉串を捧げました。

参列の被収容者に向かい「大祓詞(おおはらえのことば)」を唱え「人形(ひとがた)」(人の形をした紙に心の罪等をうつす)で身を清めました。

 

「大祓詞」宣読

 

「人形」による祓

 

約一時間で神事は終了しました。

 

寄稿 山形県神道青年会広報部 八幡