山形県神社庁

豊里神社の改修工事が完了し竣工祭が行われました

2013年4月1日

長井市時庭の豊里神社では、拝殿(※はいでん)と幣殿(※へいでん)の改修工事が実施され、
工事完了に伴う竣工祭(※しゅんこうさい)が実施されました。

 ※拝殿:参拝者が拝礼を行うところ
 ※幣殿:神職が祭儀を行うところ
 ※竣工祭:完成した建物を祓い清めて、末永い繁栄を祈る祭

 

豊里神社は数年前から屋根の雨漏りなど、建物の損傷が激しくなったため、
地域の文化財であるこの神社を守ろうと、総代(※そうだい)や地区の代表者が先頭に立ち、改修委員会を組織しました。

  ※総代:神社の運営を支えてくださる地域の代表者

 
改修委員会を通し、地区の皆さんの賛同、協力を得て、構想開始から約2年をかけて、この度めでたく竣工となりました。

工事費用は豊里神社の氏子(※うじこ)約230戸の皆さんの寄付と篤志者の寄付でまかない、
また、地元の大工さんにも工事の協力と、一部の寄付工事を奉納頂きました。
今回の改修工事は、まさに地元の皆さんの総出により実現したものです。

 ※氏子:神社がある地域に住んでいる崇敬者のこと

 

改修後の豊里神社の様子です。
 zengo_1

zengo_3

柱など一部そのまま使える部材は残しましたが、雨漏りしていた屋根は全面的に作り直しました。
幣殿もすべて作り直し、提灯などの祭典用具を格納する倉庫も併設されました。

zengo_4

zengo_5
念願の手水舎も再建されました。

DSC_3920

 

3月31日に行われた竣工祭では、今後の時庭地区と氏子の繁栄を願い、舞楽「浦安の舞(うらやすのまい)」も奉納されました。

IMG_8830 IMG_8832 IMG_8843
祭典の後、改修工事に携わられた大工の方々への感謝状が贈呈されました。

IMG_8857

最後に直会(※なおらい)が行われ、参加者一同でこの度の竣工を祝いました。

IMG_8874

 ※直会:神事の最後に、参加者一同で神酒を戴き、神饌を食する行事(共飲共食儀礼)

 

神社は地域の守り神として存在していますが、その神社も氏子の皆さんによって守られています。

氏子を見守る神様と、神様のために行動を起こす氏子。

神と人が、地域で共生している姿を見ることができました。

 

最後に、この改修工事にご協力頂きました時庭の皆様に、深く感謝申し上げます。

置賜通信員 T・N