山形県神社庁

酒田まつり

2013年5月23日

5月19・20・21日の三日間にわたり、酒田市最大の祭り、「酒田まつり」が市中心部で開催されました。

酒田まつりはもともと慶長14年(1609)に上・下両日枝神社の例大祭「山王祭」として始まり、昭和51年の酒田大火からの復興を契機に、昭和54年(1979)から全市民のまつりとして「酒田まつり」となりました。

慶長14年から一度も途切れることなく、400年以上続いているおまつりです。

市内中心商店街には沢山の露店が所狭しと立ち並び、大勢の見物客で賑わいます。

 

19日の宵祭りでは、日和山公園特設ステージで開催され、高さ20メートルの立て山鉾が登場。

伝統芸能やファイヤーダンスのパフォーマンスなどで盛り上がりました。

008 (768x1024)

 

012 (1024x768)

20日の本祭りでは午後1時より両神社の御神輿渡御に続き、さまざまな山車が行列を組み、市内を練り歩きました。

015 (1024x768)

こちらは酒田まつりのシンボル「大獅子」。

017 (1024x768)

各町内からの山車も出て、大人も子供も総出で祭りを盛り上げます。

022 (1024x768)

北前船で栄えた港町らしい豪華な山車が威勢よく練り歩き、観客も圧倒。

023 (1024x768)

東日本大震災からの復興を祈り、東北地方を模った山車も登場。

山車行列には51団体、約3000人が参加しました。

さらに今年は世界一有名なねずみさんがいるテーマパークからも人気キャラクターが参加し、観客は大喜びでした。

024 (1024x768)

また、市中央公園では、震災復興を目指し福幸市を開催。

東北の絆を確かめ合う機会にもなりました。

 

 

庄内通信員 N.H