山形県神社庁

春を告げる獅子舞

2012年3月31日

春の訪れを感じさせるお客様、神明町鎮座の春日神社の「獅子舞」の皆様がいらっしゃいました。
神職を始め、前獅子、後獅子、囃し方(太鼓・笛)、太鼓背負い、触れ人、総勢7名の方々です。

まず、旧藩主家の酒井様にご挨拶を兼ねて舞って来られました。
そして荘内神社です。

「ピーピロリーピロリーピッピッ ドドン」
「ピーピロリ―ピロリ―ピッピッ ドン」

ゆったりとしたお囃子ですが、とても力強い獅子舞です。

舞が終わると、獅子様に頭を噛んでもらいます。

今年の無病息災をお祈りしました。

庄内通信員 W・I